ディープセラピー販社 潟Tロンド LaLe
ディープセラピー スクールマスター
プライバシーポリシー  [大阪サロン]06-6318-5488  [京都サロン]075-621-7271  
 
 
 

 
 
スクール案内はこちら







日本エステティック試験センター





 エイジングケアを極める
 プロフェッショナルトリートメント
 話題の新技術「ディープセラピー」とは?
   100%天然素材から出来たパウダー(ドイツ)を用い、若々しい肌に導くための新施術です。
 昨今、数多くの薬草を使ったトリートメントが注目され、ブームが巻き起こってきました。
 しかしながら、自力的ではなく、過剰な技術から皮膚に被害を与えてしまい、強制的にお肌に負担をかけすぎた為に
 限界がありました。
 そこで今回ドイツのボタニカルパウダーを用い、誰にでも訪れる老化との戦いをより負担なく、よりナチュラルに
 エイジングケアとして行える技術を求め続け、本来、ヒトが生きていく上で大切な「筋肉」に着目しました。
 必ず訪れる「老化」と向き合った時、肌細胞の生成にもエネルギーは使われます。
 このエネルギーを作り出すのが筋肉です。
 「自然治癒力」や「免疫力」を高め、表層への負担を軽減した技術で誕生したのが、
 インプラント式ディープセラピーです。


 
ディープセラピストは、肌トラブルに応じた適切なアドバイスを行い、
ストレスフリーな施術を提供することが出来るプロフェッショナルです。

スクール登録サロンでは、ディープセラピーに関する知識や技術、
製品などをトータルで学ぶことができます。






プロフェッショナル達の秘密
ディープセラピー

 本来、ヒトが生まれ持っているチカラをより負担なく、
よりナチュラルに取り戻すハーブトリートメントの新技術として
注目されているディープセラピー。
今回は、約20年にわたりハーブトリートメント技術の研究に携わり
のべ1万人以上のお客様に施術をおこなってきた、
株式会社サロンドラールの清水順子先生にこれこそ本物、
と言わせたディープセラピーのお話をうかがいました。
天然ハーブの有効成分を使用した、長年の研究により進化
してきた独自の新技術には、確実な結果の提供と徹底した講習、
万全のカスタマーサポートがありました。
 

清水 順子
Junko Shimizu

株式会社サロンドラール・代表取締役。
ディープセラピースクールマスター。
1997年、ハーブトリートメントに出会う。
1999年、ヨーロッパハーブ(ドイツ)のライセンス取得。
2005年、日本エステティック業協会、ライセンス習得。
2008年、ハーブトリートメント、技術指導スクール開校。
2014年、一般財団法人ICAM特別専門認定校開校、
       ICAMライセンス取得

「ディープセラピー」と「リアルプロシリーズ」

「ディープセラピー」は、BBクリーム(BB(BMB)クリーム世界初米国FDA安定性TEST PASS)の生みの親でもあり、
ハーブ研究の第一人者であるアレキサンダー・キムスコ氏によって発案され、30年以上の研究の末、完成したエイジングに
確実な結果を出す最新のハーブトリートメント技術です。
肌表面への過剰な刺激と負担を極限まで軽くし、若返りの対処ケアとしてエネルギーを作り出す「筋肉」へダイレクトにアプローチする
圧迫法が特徴です。
深部の代謝を促すことで肌本来の機能を高め、若々しさをキープするとともに、老化の進行を遅らせることを目的としています。
 同セラピーは、「リアルプロシリーズ」を使用してオールハンドで行います。
その中でも本場ドイツの極上天然ハーブ数種類を細かくソフトに仕上げた「ボタニカルパウダー」は、
長年の経験と研究を積み重ねた特殊加工技術で作られています。さまざまな点で計算されて作られたニードル状の細粒結晶を
施術によって肌表面に停留させることで、肌が活性化して肌本来の機能が正常に働きはじめます。
個人差はありますが、肌を育てあげるために約5日間はしっかりとしたお手入れが必要です。
その間は洗顔せず、リアルプロシリーズの専用化粧品でセルフケアをしていただき、ご自分の肌と向き合っていただきます。
 古来から東洋や西洋で薬草として使われてきた植物が持つ有効成分を最大限に生かすことで、本来、人が生まれながらにして
身体に備わっている「自然治癒力」や「免疫力」を取り戻す手助けをしていきます。
目標はファンデーションいらずの肌です。「年齢を重ねるほど、ファンデーションの厚塗りが目立つことがあります。
シワやシミは隠せますが、たるみは隠せません。ファンデーションを薄くすることは若く見せるポイントのひとつです」と清水先生。
また、回数券を販売するのではなく、月1回の来店レベルで1年間サロンでのプログラムを組むことができるのが
「ディープセラピー」の特長でもあります。
 このことで、お客様が無理なく施術を受けられる価格帯で提案でき、年間を通してお客様の皮膚管理が可能になります。
継続して通うことでサロンに来られるお客様の美意識を高め、確実な結果のご提供によりサロンとお客様の強い信頼関係が
構築されます。
これこそが期待に応えられる”プロのメニュー”であり、決して”技術の安売り”はしないと清水先生は自信をもってお話してくれました。

高度な粧材には高度な技術が必要

 これまでの技術では、肌表面へのアプローチによりかなりの痛みをともなうことが多く、お客様にも大きなストレスがありました。
このことを大幅に軽減できたのが「ディープセラピー」です。結果もさることながら、お客様からリラクゼーション効果があるという
声も寄せられています。
導入を検討されているエステサロンのオーナー技術者を対象に、徹底した講習とカスタマーサポートをおこなっています。
とくに講習においては、フランス政府局認証のICAM特別認定専門校として、エステティシャンに高度な技術をお伝えしています。
習得までかなり厳しい内容ですが、お客様の大切な肌に触れる仕事であることをふまえ、しっかりとした技術を習得し、
真のプロフェッショナルとしての意識を高めてもらうことも目的のひとつです。
粧材をいかに有効に働かせるかは、技術も重要な要因になります。どんなに素晴らしい成分を含んでいても、
それに見合った技術がともなっていなければ意味がありません。
お客様のご希望やお悩みをお聞きするだけではなく、皮膚の状態を把握して、どんな施術をおこなうかは、現場のエステティシャンの
技術にかかっています。

年中無休で安心・充実のアフターフォロー

「ディープセラピー」は施術の結果をお客様と一緒に確認することで、サロンとお客様の信頼関係を深めていけるメニューといえます。
キレイになるためには「サロン様とお客様が一緒に努力していくものです。お客様は、お肌への知識を高め、”美”のレベルと意識を
高めることができます」と清水先生。
導入したサロン様に対し、カスタマーサポートとして、ご相談やお問合せに年中無休で対応しており、
このことが、清水先生とサロンとの信頼関係構築にもつながっているとのこと。
「サロンにいらっしゃるお客様のご希望やお悩みはさまざまです。お客様のことで難しい局面に至った場合でも、すぐに電話などで
お問合せ頂くことで、的確なフォローやアドバイスをさせていただいています。こういったことが、サロン様にとっては
大きな安心材料になると同時に、エステティシャンの技術向上にもつながっているのではないでしょうか」ともおっしゃっていました。
 今回の取材を通して、徹底的にこだわった人気メニュー「ディープセラピー」を支える秘密は、万全の教育システムと導入後も
安心のバックアップ体制にあると実感しました。
 ”マイナス5歳肌”を目指すトリートメントは、今後も注目を集めそうです。
*記事にも取り上げられました*



 

  〒612-8464 京都市伏見区中島前山町68
Tel :075-621-7271 Fax :075-601-3621

| HOME | ディープセラピーとはカッピングセラピーとはスカルプディープケアとは |  Menu | スクール案内お問い合せ会社概要SiteMap
Copyright (C) 2015 LaLe, Inc. ALL Rights Reserved.